リアルナンパアカデミーはナンパで確実に結果を出せる最強のノウハウを提供します。

性感染症について

ここでは、ナンパを通して危険性のある性病(性感染症)について解説します。ナンパ師の場合不特定多数の女の子と性行為をする機会が多いので普通の男よりもしっかりとリスク管理をする必要があります。また、ナンパでは不特定多数の男と性行為をしている女の子を相手にする可能性も高くなり、そういった女の子は性感染症にかかっている可能性が高くなります。その分リスクが高くなると言えます。

性病(性感染症)とは、性行為(セックス、キス、フェラチオ、クンニリングス、アナルセックス)で感染する病気のことを言います。

現在、性感染症に感染している人はとても多くなってきています。性感染症にかからないように予防して安全な性行為をしましょう。アソコが特別に臭かったり匂ったりする異常がある子は危険です。

性感染症の大部分はコンドームで防ぐことができるのでコンドームは必ずつけましょう。

性感染症の中には、感染力が強く自覚症状がないものもあり感染すると一生完治しないものもあります。そのため、相手の女の子が性感染症になっているにも関わらず、自分自身では気がついていないため感染を広めてしまっている場合もあります。そういった時は、相手の女の子から性感染症の事実を聞くことが不可能なので、ナンパ師自身が気がついて自分の身を性病から守っていく必要があります。

万が一、自分が感染しているかもしれないと思ったら、病院の泌尿器科に行くなどして専門家の診察を必ず受けましょう。

ヘルペスウイルス感染症

ヘルペスは1度感染してしまうと完治せずに症状が治まっても潜伏し、体のコンディションによって再発します。また、キスやフェラチオなどでも感染することがあります。そのため、他の完治する性感染症よりも注意が必要といえます。

ナンパでの性行為において注意するのは、口唇ヘルペスと性器ヘルペスです。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスはヘルペスウイルスに感染することによって、口唇や口の周りに水ぶくれができ、体が弱った時などに再発します。日本人は10人に1人がかかったことがあると言われているので注意が必要です。

【症状】
初期症状として唇や口の周りが、ムズムズ、ピリピリ、チクチクし、違和感やかゆみを感じます。そういった自覚症状の後、半日程度で赤くはれてきます。2~3日後に水ぶくれができるようになり、この水ぶくれの中にたくさんのウイルスがいます。にきびや吹き出物と紛らわしいですが、にきびや吹き出物の場合はピリピリ、チクチクするといった違和感やかゆみがあまりありません。

下に行くほど重い症状になります
口唇ヘルペスの症状

【潜伏期間】
初感染の時は3~10日程度で発症することが多くなります。ヘルペスは再発することが多く、年に1~2回再発することが多いようです。再発するきっかけは風邪、疲労、ストレス、胃腸障害などがあります。

【感染】
ヘルペスが発症している患部との直接の接触で感染するだけでなく、手や物を介しても感染します。グラスの回し飲みなどにも注意が必要です。

【治療】
抗ウイルス薬の内服がもっとも効果的な治療方法になります。そのため、症状が出た場合は、病院にいって薬を処方してもらいましょう。抗ウイルス薬の内服によって症状が治まるのを早めることができます。ただし、症状が治まってもウイルスは潜伏しているので完治するわけではありません。

【対策】
相手の女の子の唇や口の周りに口唇ヘルペスの症状が出ている場合は、キスを控えるだけでなく、間接的な接触にも気をつけましょう。

性器ヘルペス

口唇ヘルペスと同じウイルスが性器に感染することによって、発症します。

【症状】
口唇ヘルペスと同様の水ぶくれができ、それが破れてただれることがあります。初めての感染の時は症状が強くでる傾向にあります。症状は亀頭、陰茎などに出ることが多く、ふともも、おしり、肛門周辺、直腸粘膜に出ることもあります。強い痛みや発熱を伴うこともあります。

【潜伏期間】
口唇ヘルペスと同様になります。初感染の時は3~10日程度で発症することが多くなります。ヘルペスは再発することが多く、年に1~2回再発することが多いようです。再発するきっかけは風邪、疲労、ストレス、胃腸障害などがあります。

【感染】
ヘルペスが発症している患部との直接の接触で感染するだけでなく、手や物を介しても感染します。コンドームを使用しないセックス以外にも口唇ヘルペスに感染している女の子のフェラチオ、性器ヘルペスに感染した女の子の性器を触った手で自分の性器を触っても感染します。女の子をクンニリングスすることで性器ヘルペスから口唇ヘルペスになることもあります。女の子の性器を触った手で自分の口周りに触れることで口唇ヘルペスになることもあります。

【治療】
抗ウイルス薬の内服がもっとも効果的な治療方法になります。そのため、症状が出た場合は、病院の皮膚科や泌尿器科にいって薬を処方してもらいましょう。抗ウイルス薬の内服によって症状が治まるのを早めることができます。ただし、症状が治まってもウイルスは潜伏しているので完治するわけではありません。

【対策】
一番の対策はコンドームを着けるということになります。そして、自分の性器には間接的にもウイルスが触れないように、自分の性器への余計な接触はできるだけしないようにしましょう。また女の子の性器を触った手はできるだけしっかりと洗浄しましょう。

クラミジア

最も多い性感染症で自覚症状がほとんどなく感染や発病に気づかないまま進行します。自覚症状がなく感染している女の子がたくさんいるので注意が必要です。

【症状】
症状は軽く、尿道がかゆくなったり、排尿時に軽い痛みがあるぐらいです。尿道炎が進むと、膿が出たり、尿の回数が多くなります。クンニリングスで無症状または慢性の扁桃腺炎になることもあります。クラミジアに感染しているとHIVの感染の可能性が3~5倍になってしまうので注意が必要です。

【潜伏期間】
1~3週間

【感染】
クラミジアに感染している子と直接性器の粘膜が触れ合ったり、分泌液を介して感染します。治療しないと何年にも渡って人に感染させてしまいます。

【治療】
抗生物質や抗菌剤などで治療します。症状が出た場合はすぐに病院の泌尿器科に行きましょう。

【対策】
コンドームをつけることで感染をほとんど防ぐことができます。尿道の粘膜に間接的であっても女の子の分泌液が付着しないように気をつけましょう。

淋菌感染症

一般的に「淋病」と言われています。クラミジアの次に多い性感染症で、すぐにはっきりした症状がでます。

【症状】
最初は尿道炎になり、そして、尿道がかゆくなったり、痛くなったり、下着が膿や出血で汚れたりします。ペニス全体が腫れ上がるといった激しい症状が出ることもあります。

【潜伏期間】
2~9日

【感染】
治療しないと何年も人に感染させる危険があります。喉、直腸、尿にも菌がでるので、口、肛門、尿を使った性行為も危険です。

【治療】
抗生物質や抗菌剤などで治療します。クラミジア同様に症状がでたらすぐに病院の泌尿器科に行きましょう。

【対策】
クラミジア同様に、コンドームをつけることで感染をほとんど防ぐことができます。尿道の粘膜に間接的であっても女の子の分泌液が付着しないように気をつけましょう。

毛じらみ

ケジラミという寄生虫によって起こる病気で、主に性行為によって広がりますが、シーツやタオルなどを介して感染することもあります。

【症状】
陰毛の根元辺りに付着した毛じらみが血を吸うことによってかゆみが起こります。人によってかゆみがほとんどない場合から激しい場合があります。毛じらみの成虫の大きさは1~2mmなので目で確認することができます。毛じらみは1ヶ月ほど生き、その間に200個もの卵を生むので放置しているとどんどん数が増えていってしまいます。

毛じらみ
毛じらみ

【潜伏期間】
毛じらみの場合毛じらみが移った時点で感染したとも言えますが、症状が出るのは付着している毛じらみの数が増えてからの場合が多く、潜伏期間は成虫が卵を毛の根元に産みつけてそれが孵化するまでの1週間程度の期間を経過する期間と言えます。孵化すると幼虫であっても成虫であっても吸血するので症状が出ます。

【感染】
性行為で陰毛が触れ合うとほぼ確実に感染します。毛じらみは人から離れると2日程度しか生きることができず、1日に10cm程度しか動けませんが、タオルや寝具などを介して感染もします。

【治療】
シラミのいる毛を全て剃り、専用の殺虫パウダーなどで治療します。成虫を駆除しても卵が残っている場合があるので、卵が孵化してからも重ねて駆除する必要があります。下着や寝具、タオルなどは熱湯につけるか、アイロンをかけてから洗濯します。

【対策】
コンドームをつけても感染を防ぐことはできないので、対策は難しいと言えます。現実的に、かゆみがあるという女の子とは性行為をしないという程度の対策しかできないでしょう。

HIV感染症(エイズ)

HIVとAIDS(エイズ)は異なります。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染し、それから長い年月をかけてAIDS(後天性免疫不全症候群)が発症します。進行するにつれて抵抗力が弱まり、健康なときなら危険のないウイルス、細菌、カビなどの病原菌でも、様々な病気が起こるようになり死に至ります。

【症状】
はじめは、ほとんど無症状で経過しますが、免疫力が落ちてくると、発熱、下痢、倦怠感、体重減少などいろいろな症状がでます。進行すると、カリニ肺炎、エイズ脳症、カポジ肉腫などの合併症も現れます。

【潜伏期間】
治療をしなかった場合、約10年。

【感染】
HIVは、粘膜や目に見えない傷からも感染しますが、主に性行為による粘膜の接触によって感染します。HIVウイルスを感染させるものは、精液、我慢汁、膣分泌液、血液といった体液です。唾液、尿、汗、涙などの体液に感染力はありません。

生でセックスをした場合の男の感染の可能性は0.05%で2000回に1回しか感染しない計算ですが、感染してしまうと取り返しがつかないので十分に注意する必要があります。

キスで感染する可能性はほぼありません。唾液にはHIVの感染力がないからです。ただし、口内に怪我や口内炎などがあり血液が漏れている場合は感染する可能性があります。しかし、ほぼ考えなくてもいいレベルのリスクしかないでしょう。

HIV感染者によるフェラチオで男が感染する可能性は0.005%と言われており、2万回に1回の計算になります。

【治療】
治療によりAIDSの発症を遅らせたり、症状を軽くすることができるので、早期に発見し、医師の指示に従って治療することが大切です。昔はHIVの感染=死でしたが、今ではAIDSの発症を抑えることができるようになってきています。そのためには早期の発見が重要なので、定期的に検査に行くようにしましょう。無料&匿名でも検査してくれる機関もあります。検査せずにAIDSが発症してしまうと命取りになってしまいます。AIDSの発症を抑えることが出来るといっても、毎日の投薬や副作用などと一生付き合っていくことにもなるので、まずはHIVに感染しないということが重要です。

【対策】
とにかくコンドームをつけるということに尽きます。不特定多数の男と性行為をしているような女の子が相手の場合は、キスやフェラチオを控えるようにしましょう。しっかりとコンドームをつけて、キスやフェラチオやクンニリングスをしなければ感染することはありません。

梅毒

慢性の感染症で何年もかけて進行していきます。粘膜や皮膚の小さな傷からも感染します。

【症状】
無症状で経過することもありますが、病気の時期によって症状が違います。初期の症状として菌が入った場所が腫れ、ほっておいても消えますが、その後、全身に発疹ができたり、風邪のような症状がでたりし、皮膚や内臓で静かに症状が進行し、神経症状や心血管症状が現れます。

梅毒による発疹
梅毒による発疹

【潜伏期間】
約3週間

【感染】
セックス、フェラチオなどの性行為で感染します。口に梅毒の病変部分がある場合はキスでも感染します。粘膜や皮膚の病気の場所に菌が大量に含まれているため、初期の頃は他人に感染させる危険が極めて高いです。皮膚に菌が少なくなる後期は他人に感染させる危険は低下します。

【治療】
早く発見し治療すれば完全に治る病気で、抗生物質を使って治療します。

【対策】
性行為の時にコンドームをつけることで感染の可能性を大きく減らすことができます。ただし、性器同士の接触ではない病変部分への粘膜や傷口の接触で感染することがあります。皮膚疾患をを持っている女の子との性行為の際は注意が必要です。

尖圭コンジローム

ヒト乳頭腫ウイルスによる感染症です。性器に小さなとがったイボができます。イボができないこともあり症状がほとんどないこともあります。

【症状】
小さなイボができる以外は症状は普通はありませんが、時々かゆみやセックスの時に痛みを感じることもあります。イボができないこともあります。

尖圭コンジロームによるイボ
尖圭コンジロームによるイボ

【潜伏期間】
数週間~8ヶ月程度。イボが確認できるようになるまでに平均3ヶ月程度です。感染後すぐにイボができるわけではないので、感染源の特定が難しい場合があります。

【感染】
セックス、フェラチオなどの性行為によって感染します。感染者のウイルスを持っている部分から、粘膜や皮膚の微小な傷から進入することによって感染します。イボがなくなってもウイルスが皮膚内に残っていれば、感染する危険があります。

【治療】
イボはレーザーや電気メスで切除したり、ドライアイス凍結や軟膏塗布で治療します。イボができるという症状が出た場合はすぐに病院の泌尿器科に行きましょう。

【対策】
性行為をする際はコンドームをつけましょう。女の子の場合性器から肛門にかけてイボができるので、コンドームをしていない時に患部に触れないように注意しなければいけません。

トリコモナス症

トリコモナスという原虫が感染して起こる性感染症です。

【症状】
女の子の場合は、膣炎・子宮頸管炎・尿道炎などの症状が出ることが多くなりますが、男の場合はあまり症状がないことが多なります。尿道炎、前立腺炎などの症状が出るケースもあります。排尿時の痛みや、頻尿といった症状が出た場合はトリコモナス症を疑ってみましょう。

【潜伏期間】
4~20日

【感染】
感染源が原虫なので、セックス、フェラチオなどの性行為で感染するだけでなく、タオル、下着、シーツを介して他の人に感染することがあります。男の場合、尿道への感染であれば排尿によって洗い流される可能性もあります。

【治療】
抗トリコモナス剤の内服薬などで治療します。症状が現れた場合は病院の泌尿器科に行きましょう。

【対策】
コンドームの着用で多くの場合は防ぐことができますが、間接的に感染することもあるので、尿道などの粘膜に何も付着しないように気をつけましょう。

カンジダ症

性行為などによってカンジダという真菌(カビの一種)が感染することによって起こります。感染してすぐ発病するわけではなく、抵抗力が低下したり、何か他のきっかけで発症します。特に女の子に多い性感染症になります。

【症状】
男はほとんど場合症状がなく、かゆみがある程度です。症状が出る場合は亀頭のかゆみやただれや小さな水泡、尿道炎などの症状がでます。

【潜伏期間】
何年にも及ぶことがあります。

【感染】
主に性行為によって感染します。タオルや衣類、手や指などを介した家庭内感染もよくあります。カンジダは健康な人でも体内に存在することがあり、潜伏期間が長く、感染経路も様々なので感染原因がわからないことも多いです。

【治療】
治療が必要な場合には、軟膏や飲み薬などで治療します。症状が出た場合は泌尿器科に行きましょう。

【対策】
コンドームの着用で多くの場合防ぐことができます。

PAGETOP
Copyright © Real Nanpa Academy All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.